ゲストが喜ぶ!二次会のプレゼント選びのポイント

二次会のプレゼントで失敗しないために

二次会でのプレゼントを選ぶ時に

プレゼント選びのポイントはいろいろありますが、まずはゲストの立場で考えると言う点が重要になります。 どんなに素敵なプレゼントでも、当日のゲストの状態を考えずに用意した場合、逆に反感を買うことになりかねません。 心遣いを感じるプレゼントにはもらった以上の喜びを感じるものです。

相手の立場で考えると見えること

結婚披露宴に招待する人数によっては、親戚や職場の関係の人が多くて友人を招待できない、ということもあります。
今はそういう時に二次会を開いて、多くの友人に参加してもらうことも珍しくなくなりました。
披露宴よりもカジュアルなお店で友人たちとだけでワイワイと食事を楽しみながら祝福されるというのも思い出に残ることでしょう。
ただおしゃべりして終わりではなく、ビンゴゲームなどをして盛り上げる場合も多いと思いますが、その時に必要なプレゼントはどのように選びますか。
何を用意すれば喜ばれるか、考えるのも楽しいものですが、あまりにもニーズからかけ離れているとゲストは戸惑うばかりか、後々までネタとして語り継がれてしまうこともありますので気を付けたいもの。
二次会の会費も5000円以上の場合も多く、あまりチープなものを用意するのも気が引けます。
ゲームの景品にするのか、引き出物のように全員に同じものを配るのかでも準備するものが変わってきますよね。
全員の好みに合うものを探すのは難しいかもしれませんが、自分がもらったらうれしいと思うものや話題の商品、入手し辛いものなどを中心に選ぶのもいいでしょう。
何よりも時間を作って駆け付けてきてくれたゲストの皆さんに「来てよかった」と思ってもらえることが一番だと思います。
先に不人気なプレゼントを挙げておくと、新郎新婦の写真が入った小物や大量に詰め合わされた駄菓子などがあります。
そういうものを避けていればあとは難しく考えず、自分たちなら何がうれしいかを考えながら選んでみましょう。

ちょっと高級なものを選ぶ

興味があっても自分で買うにはハードルが高い商品がプレゼントされると、それだけでテンションが上がります。 自分でちょっと手が届きにくいものが思いがけず手に入った時の喜びを想像しながら選んでみると、失敗のないプレゼントになるのではないでしょうか?

みんなへの感謝の気持ちをプレゼントにして

余興としてビンゴゲームをするのは定番となっていますが、そうすると当たる人当たらない人が出てきてしまいます。 以前、旅行券や高級食材が当たったら新郎新婦へプレゼントすること、という暗黙のルールがある二次会があったそうで、そうなると後々までひそひそと言われてしまったという例も聞いたことがあります。

TOPへ戻る